日本語 ▼

ニュースセンター

「盼盼安全門」、ジャイアントパンダのために描く夢

時間:2021-03-31 15:32:32 シェア:

 

 2021年3月29日、ASSA ABLOYグループのメンバーである盼盼安全門がジャイアントパンダ「盼盼」(パンパン)の終身里親に任命され、その式典が成都高新クラウンプラザホテルで開催されました。式典には、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)の蘭景超副主任、ASSA ABLOY大中華圏および東南アジア地区最高経営責任者のMartin Poxton氏、盼盼安全門専務取締役の周鵬氏をはじめ、各責任者が出席しました。

 まず、盼盼安全門専務取締役の周氏が会社を代表しジャイアントパンダの「盼盼」の終身里親になった感想を述べ、これを機に成都パンダ基地との連携を強化したいと話しました。また、盼盼安全門の提携パートナーや消費者が成都パンダ基地を訪れ、ジャイアントパンダの保護の重要性を理解してもらうよう働きかけたり、子供たちの絵画のチャリティーイベントを計画し、その収益をジャイアントパンダに寄付したいと考えを述べました。成都パンダ基地の蘭副主任は、盼盼安全門のジャイアントパンダの保護に対する働きに感謝の意を示しました。そして、動物を思いやり、環境を保護することは一人ひとりの責任であると話し、今後もより多くの個人や企業がジャイアントパンダの保護の輪に加わってほしいと述べました。最後に、成都パンダ基地は引き続き盼盼安全門と手を取り合い、ジャイアントパンダのために夢を描いていきたいと話し、挨拶を締めくくりました。

 



盼盼安全門専務取締役の周鵬氏による挨拶


里親認定式での寄贈の様子
 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
?2007成都大熊猫繁育研究基地

大学生做爱照片