日本語 ▼

ニュースセンター

「迪輔楽」、ジャイアントパンダの保護の取り組み

時間:2021-03-29 17:26:06 シェア:

 

 2021年3月25日、上海迪輔楽生物有限会社(以下、迪輔楽)はジャイアントパンダ「康尼」(コニー)の終身里親に任命され、その式典が成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地(以下、成都パンダ基地)で開かれました。認定式には、成都パンダ基地の主任兼書記の呉永勝氏、迪輔楽取締役の瀋洋氏、徳貝康愛医学事務総監の陳美如氏が出席しました。

 式典で、瀋洋氏は「ジャイアントパンダは私にとって特別な存在です」と述べました。そして「今後も会社を代表し“科学技術を思いやりに変える”という企業理念を持ち続け、中国のジャイアントパンダと生態環境の保護事業に関心を寄せていきたいと考えています。 “動物愛護と環境保護のため、私は取り組みます”をテーマにしたこの度のイベントを開催することで、より多くの企業にジャイアントパンダに関心を持ってもらい、ジャイアントパンダや生物多様性の保護に対する人々の関心を高め、共に美しい地球を築こうと呼びかけたい考えです」と話しました。続いて、成都パンダ基地の呉永勝氏は、迪輔楽がジャイアントパンダの里親になることに心からの感謝の意を示しました。そして、「ジャイアントパンダの里親になった事は始まりに過ぎません。今後も双方の交流を深め、バイオテクノロジーの分野をはじめ科学研究における迪輔楽の優位性の助けを借りながら、さらなる協力関係の強化を図り、共に手を取り合ってジャイアントパンダの保護事業に貢献していきます」と述べました。

 

 





里親認定式の会場の様子


里親認定証書授与の様子


成都パンダ基地主任兼書記の呉永勝氏、迪輔楽取締役の瀋洋氏、徳貝康愛医学事務総監の陳美如氏





ジャイアントパンダを鑑賞する様子


記念撮影

 

住所:中国四川成都外北成都大熊猫繁育研究基地、郵便番号: 610081
?2007成都大熊猫繁育研究基地

大学生做爱照片